髪の毛のサイクル

髪の毛が薄毛になるのには原因があります。
主に生活習慣の乱れが薄毛になる原因となっていますが、ヘアサイクルによる薄毛がとても大きな要因となっています。
髪の毛には、寿命があり髪の毛が一生の内に生える回数は決まっています。
さらにヘアサイクルには3つの期間があり、髪の毛が成長をする成長期、毛根が小さくなる髪が抜ける期間が退行期、そして脱毛から再び髪が生える準備をするのが休止期になります。
ですので、これらの髪の毛のヘアサイクルを利用することにより、AGA治療は効果的に薄毛に効果を発揮することが出来るのです。
また、髪の毛自体の寿命が終わってしまうと、AGA治療は効果を発揮しなくなるので髪の毛が生え変わるヘアサイクルが終わらない間にAGA治療を行うようにしましょう。

ヘアサイクルは成長期が短くなってしまうと髪が十分に成長しないまま脱毛をしてしまいます。
このヘアサイクルは生え変わりの寿命だけではなく、男性ホルモンのバランスが崩れることによりヘアサイクルが衰退することがあります。
男性ホルモンには筋肉や骨の発育に効果のあるホルモンですが、その他にも発毛の促進なども行うとても重要なホルモンです。
ですが、男性ホルモンが変化を行い脱毛を促すホルモンに変化をすることがあるのです。
その原因として挙げられるのが、皮脂や毛乳頭で分泌される酵素が原因になっています。
男性ホルモンがこの酵素と結びつくことにより、脱毛ホルモンに変化を遂げてしまうのです。
ですので、男性ホルモン自体が悪いわけではなく、このような要因が重なることで脱毛を促すホルモンになってしますので、男性ホルモンの分泌を抑えることだけが対策にはなりません。